ダーマフィラーの使い方!効果を最大限に引き出す正しいお手入れ方法とは?

■ダーマフィラーの使用方法や使用前の注意点
ダーマフィラーの使い方はいたって簡単です。ただし凝縮された美容成分の効力を最大限に発揮させるためには、注意したい点がいくつかあります。
ダーマフィラー使用の3ステップがありますので、それぞれの段階別に確認しておきましょう。

◇ステップ1 シートをゆっくりはがす
ポイント1. 乾いた清潔な手で扱うこと
ポイント2. マイクロニードル(針)部分には触れないこと

透明のシートからダーマフィラーの肌色シートを1枚ずつ切り離しますが、肌への接着面の中央には微細のニードルが敷き詰められています。水分と結びついてニードルが溶け出し、肌に浸透する仕組みになっているので、ニードルには触れず、湿気にさらさないように慎重に扱います。
また、アルミ袋開封後長時間放置していると、ニードルの先端部分が溶けてしまって効果が薄くなってしまいます。開封後すぐの使用をおすすめします。

◇ステップ2 しっかり肌に貼る
ポイント3. あらかじめ通常のスキンケアをしておくこと

ダーマフィラーは洗顔の後に通常のスキンケアを行い、その最後に使用します。スキンケアの段階でしっかり保湿しておくと、皮膚にある水分とニードルに込められたヒアルロン酸が結びついてより高い潤い効果が期待できます。
ただし、化粧水やクリームが皮膚の上に残っていると粘着性が弱まってしまう場合があるので、先に使用した化粧品の成分をよくなじませ、場合によっては、貼付部分にはクリームなどの油分の使用を控え目にするのもいいでしょう。
目元、目尻、ほうれい線の上などシワやたるみが気になる部分に貼ったら、軽く押さえてしっかり固定させます。パックの上で指をスライドしてしまうと、ニードルが折れてしまうことがあるので避けましょう。

◇ステップ3 じっくり浸透させる
ポイント4. 5~6時間かけて成分が浸透していくので就寝前の使用が理想

ひとたび肌に密着させてニードルが溶け出すと、角質層の隅々にじわじわと時間をかけて成分が浸透するようになっています。使用時間の目安は5~6時間。寝る前に貼って朝までそのままにしておくのがおすすめです。
翌朝ゆっくりはがした後は、化粧水や美容液で肌を整えてください。

■ダーマフィラーの使用に関するQ&A

Q.痛みはありませんか?
A.ニードル(針)と聞くと注射針を連想するかもしれませんが、ダーマフィラーのマイクロニードルは極細サイズなので痛みはほぼありません。
人によってはシートを貼った直後~15分程度にかけて、チクチクと感じる場合がありますが、それはヒアルロン酸が皮膚の中に入り込んでいるサイン。しばらくすると治まります。
この反応には個人差があるので、チクチクしないからといって成分が浸透していないという訳ではありません。

Q.敏感肌なのですが、大丈夫でしょうか?
A.ニードルそのものは国産のヒアルロン酸でできていて、着色料・香料・防腐剤・界面活性剤・アルコールは無添加なので安心です。
ただ、ニードルの刺激で皮膚が赤くなることがあります。一過性のもので、長時間続くことはありません。
また、テープを貼っていると肌の水分の蒸発が妨げられて、かぶれることが稀にあります。その場合は使用を控えたほうが無難です。

Q.貼ってはいけない箇所はありますか?
A.首、まぶたの上、粘膜に貼るのは控えましょう。
また、目の下に貼るときは目の際から3㎜ほど離します。

Q.1度に複数箇所に使用しても大丈夫ですか?
A.問題はありません。ただし貼る箇所が多いと痛みを感じやすくなることがあります。同時に使用するのは2~4箇所(2セット)までが適当です。

Q.貼り直しはできますか?
A.一度貼るとニードルの先が折れて、貼り直した後は成分が肌の内側に浸透しにくくなってしまいます。ニードルはヒアルロン酸でできているので、折れても安全性は問題ありませんが、効果は落ちます。

Q.どれくらいの頻度で使用するのが望ましいですか?
A.週に1~3回が目安です。効果が実感できるまでの回数や頻度には個人差がありますが、例えば肌の調子が良いときは週1、乾燥が気になるシーズンや大切な日を間近に控えているときは週3といった具合に、自分の肌のコンディションと相談しながら使用するといいでしょう。

Q.はがしたときに残る透明の塊は何ですか?
A.マイクロニードルはシートを密着させると肌の内側で溶けますが、土台の部分が硬くなって表面に残ることがあります。これもヒアルロン酸なので、水やぬるま湯で溶かして肌になじませてください。

■ダーマフィラーの効果的な使用方法
ニードルは水分に反応して溶け出すという性質を持っているので、あらかじめしっかり保湿をしておくと浸透性が高まり、より効率よく肌を潤します。
また、ニードルを肌に密着させることで、直前のスキンケアで塗布したクリームなどの成分も皮膚の内側に届けやすくなります。肌の上に余分な油分が残っているとシートの吸着性が鈍ってしまうので、そこは注意する必要がありますが、しっかりクリームを塗りこんでおけば相乗効果が期待できます。

この記事の関連商品

ヒアルロン酸マイクロニードル ダーマフィラー

詳しく見る

桜白(ブライトニングマイクロニードル) (8枚入)

詳しく見る

美白マイクロニードルセット 桜美白

詳しく見る

合わせて読みたい関連記事

pagetop