目の下のシワやたるみの原因とは?改善&予防におすすめの方法8選

「あれ?」と感じる目の下のシワやたるみに気が付いたら、今すぐケアしましょう。
目の下に出る肌の変化は加齢だけでなく、生活習慣からくる様々な原因が隠れています。
放っておくと消えないシワやたるみといったトラブルにつながりやすく、顔の印象を悪くさせてしまうことも。

そこで今回は、目の下にシワができる原因と改善方法についてご紹介します。

■目の下のシワができる主な原因
目の下のシワは目周辺の「乾燥」「刺激」「疲労」が主な原因です。
以下で原因となるシーンに当てはまるものがないかチェックしてみましょう。

◇乾燥(潤い成分の減少)
目周辺に浅く細かいシワが増えてきたら、肌が乾燥しているサインです。
乾燥により肌内部の水分が減少すると肌を支える力が低下し、ハリの低下、シワ、たるみにつながるため注意してください。

目元に特別なスキンケアをしていない
朝晩欠かさず洗顔フォームで洗顔している
目元のクレンジングは念入りに(必要以上に時間をかけて)行っている

このような方は、日常的に目元の皮膚が乾燥しやすくなります。

◇物理的な刺激(摩擦)
目周辺は他の部位に比べて皮膚が薄く、デリケートです。
目を擦ったり、過度なマッサージを行ったりするとシワの原因となります。
特に、皮膚を伸ばしたり縮めたりする刺激は、大きなダメージを与えてしまうため注意してください。

クレンジングで何度も擦る
他の皮膚と同じようにファンデーションやアイシャドウを塗っている

このような場合、目元への力加減を弱める工夫が大切です。

◇眼精疲労
目に疲労が溜まると、まぶたや目の下など、目周辺の血行が悪くなります。
血行不良が起こると、肌に必要な栄養や水分が届きにくく、乾燥やシワの原因となるため注意してください。

パソコンやモニターを使う仕事をしている
布団に入ってスマートフォンを見る癖がある
趣味や勉強で集中して読書する時間がある

このような方は、眼精疲労を溜めている可能性が高いです。
目周辺の皮膚を軽く押して心地良さを感じる場合は、疲労が溜まっている証拠なので、適度な休憩を挟んで目を酷使しすぎないようにしましょう。

■目の下のシワを改善&予防する方法8選
今ある目の下のシワを改善して増やさないよう予防するには、原因に合わせた対処法を取り入れることが大切です。目の下のシワを改善&予防する8つの方法について見ていきましょう。

◇乾燥対策をする
目元は面積が小さいため簡単なスキンケアで終わらせてしまう方も多いでしょう。
しかし、デリケートで乾燥しやすい部位だからこそ、顔のどのパーツよりも念入りなスキンケアが欠かせません。

手軽に水分補給をするなら毎日のお手入れの後にコットンパックを取り入れましょう。
化粧水を染み込ませたコットンを3~5分、まぶたや目の下に貼り、水分をしっかり浸透させます。
補充した水分を逃がさず閉じ込めるには、保湿力の高い乳液やクリームを併用しましょう。

体調の変化や極度な乾燥で化粧水が浸透しにくいという場合は、事前に蒸しタオルで目元を温めて、皮膚を柔らかくしてあげると効果的です。

◇紫外線対策をする
紫外線は肌の内側にダメージを与えやすく、乾燥の原因となります。
日中に使用する美容液や化粧品は、できるだけ紫外線を防止できるUVカットのものを選びましょう。
また、レジャーやアウトドアでは日傘やUVカットの帽子、サングラスの活用も欠かせません。海やプール、スキー場などでは上からだけでなく、下からの照り返しにも注意しましょう。

◇洗顔方法を見直す
目元の洗顔はたっぷりの泡で優しく包み込むように行うのがベスト。
摩擦の刺激を与えないよう優しく洗顔しましょう。

落ちにくいアイメイクはコットンタイプのクレンジングで押さえるようにオフしたり、ポイントメイク専用のクレンジングを使用するのも効果的です。皮膚がよれるような力の入れ方は摩擦・刺激によるシワができやすくなるため注意してください。

◇シワをつくる癖をなくす
目元にシワができやすい姿勢や癖は知らず知らずのうちにやっていることが多いため、注意が必要です。
以下のような癖を改善して他の予防法を取り入れられれば、今ある目の下のシワも改善できるかもしれません。

頬杖をつく
あくびの後や痒いときに目を擦る
洗顔後タオルでゴシゴシ顔を拭く
集中するときに目を細める

◇食生活を見直す
食生活を改善すると、身体の内側からシワのケアができます。
抗酸化作用を持つ食材をバランスよく取り入れ、肌を若々しくキープできるようにしましょう。
肌の老化を防ぐ代表的な成分・食材には、以下のようなものがあります。

ビタミン:
イチゴ、みかん、アーモンド、アボカド、緑黄色野菜 など

ミネラル:
牡蠣、牛肉、海藻類、きのこ類 など

リコピン:
トマト、すいか、あんず、ピンクグレープフルーツ など

コラーゲン:
鶏皮、手羽先、スッポン、フカヒレ など

セラミド:
大豆、黒ごま、こんにゃく、牛乳、ヨーグルト など

◇マッサージで血行促進
目の周辺をマッサージすると血行を促進できるため、化粧水を浸透させやすくなります。
スキンケアの前後でクリームやオイルを使ってマッサージすれば、肌への摩擦・刺激も少ないのでおすすめです。以下の手順で目元のマッサージを実践してみましょう。

2本の指を目頭側の目の下のくぼみにあて、目尻側に向かって優しくプレスする
2本の指を目頭側の目の上のくぼみにあて、目尻側に向かって優しくなでる
2本の指を広げて(チョキの形)で目頭側の眉の上下にあて、目尻側に向かって優しくプレスする

◇目元の筋肉を鍛える
目周辺の肌は「眼輪筋」と呼ばれる筋肉で支えられています。
疲労や日々の癖から眼輪筋が弱まると、肌のハリが失われてシワになりやすいため注意しましょう。
眼輪筋を鍛えるには、「目をギュッとつむる」「目をぱっちり開く」の動作をゆっくり繰り返すのが効果的です。目元の血行が促進されるのを感じながら、ゆっくり繰り返しましょう。

◇スペシャルケアを取り入れる
日々のスキンケアにコットンパックやアイクリームを取り入れると、目元の乾燥対策・シワ予防になります。
今あるシワにアプローチをかけてより若々しい目元を目指すなら、以下のスペシャルケアを取り入れることもおすすめです。

・ラップパック
普段より多めのアイクリームを塗り、上からラップをするパック方法です。
成分の浸透力を高めて集中的に保湿できます。

・ホットマスク
蒸気が出るマスクで目の血行を促進し、疲労や老廃物を排出します。
ラップパックとの相性も良いため、休日などに定期的に行うのがおすすめです。

・マイクロニードル
肌内部に直接潤い成分を届けられます。「思うように化粧水が浸透しない」「丁寧にスキンケアしてもすぐに乾燥する」と悩んでいる方におすすめです。

■まとめ
目の下のシワができる原因や解決法についてご紹介しました。
目の下のシワは年齢を積み重ねるだけでも起こりやすいですが、実は日々の生活習慣や癖が主な原因です。思い当たる原因を解消して、今あるシワの改善&予防に効果的な方法を取り入れていきましょう。

この記事の関連商品

ヒアルロン酸マイクロニードル ダーマフィラー

詳しく見る

桜白(ブライトニングマイクロニードル) (8枚入)

詳しく見る

メルティング エッセンスマスク (温感フェイスマスク)

詳しく見る

美白マイクロニードルセット 桜美白

詳しく見る

合わせて読みたい関連記事

pagetop