目の下のシワ・たるみにはヒアルロン酸が効果的!持続期間やメリット・デメリットを解説

「年を取ると共に目の下のシワやたるみが気になってきた……」という方は多いのではないでしょうか?
そんな方たちにおすすめなのが、ヒアルロン酸の注入です。

しかし、ヒアルロン酸の注射がどの程度効果が持続するのか、メリットやデメリットが気になる方も多いはず。

そこで本記事では、ヒアルロン酸の注射の持続期間やメリットはもちろん、デメリットや注意点もご紹介します。
ヒアルロン酸の注射が気になっている方は、ぜひチェックしてみてください。

■目の下のシワやたるみはどうしてできる?
目の下のシワやたるみは、一概に加齢だけが原因とは言えません。
疲労、脂肪や紫外線、乾燥や日常的な表情の癖など、様々な原因でシワやたるみはできてしまうのです。

目の下のマッサージやアイクリーム、筋トレなどで対策可能なものもありますが、すべての原因に共通するのが、「1度できてしまったシワやたるみは消しにくい」ということ。
いくら世の中で紹介されている対処法を試しても、予防はできても今あるシワやたるみをゼロにすることは困難です。

そこでおすすめなのが、ヒアルロン酸の注入。
もともと体内にある成分であるヒアルロン酸を使用することで、残留物などの心配なく効果を感じることができます。また、ヒアルロン酸の注入は即効性があるのもポイント。注入してすぐにシワやたるみの悩みから解放されるのは、嬉しいはずです。

■目の下にヒアルロン酸注入したときの持続期間
1度の施術で効果が一生続くと嬉しいものですが、ヒアルロン酸の注入による効果の持続期間は6ヶ月〜1年とわりと短め。注入されたヒアルロン酸は、その期間でゆっくり体内に分解・吸収されていきます。

ただ、持続期間が短いということは、もし施術後のイメージが自分の理想の形と違っても、短期間でその悩みが解消されるということ。特に初めての施術の場合、「あまり自然な仕上がりではなかった」という失敗も数多くあります。自分の理想の形・自然な形に近づけるために、何度もトライできるのも持続期間の短さ故のメリットです。

■目の下へのヒアルロン酸注入のメリット
それでは実際に、目の下にヒアルロン酸を注入すると、どんなメリットがあるのでしょうか?
主なメリット6つと、その理由を併せてご紹介します。

◇すぐに効果を実感できる
皮膚下に液体を注入するので、術後すぐに効果が実感できます。
また、施術は10〜30分ととても短時間。事前のカウンセリングは必要ですが、入院が必要ないので日常生活に支障が出ないのも嬉しいポイントです。

◇切らないので負担が少ない
使用するのは注射針なので、メスなどで切開することはありません。
また、病院によっては麻酔や針の種類に工夫を凝らしていることも。そのため、身体への負担はとても少なく済みます。

◇身体に吸収されるので安心
そもそもヒアルロン酸とは、人の体内に存在する成分。
注入したとしても徐々に分解・吸収されていき、残留物などの心配はありません。

◇失敗しても修正可能
出来上がりがイメージと違った場合、ヒアルロン酸溶解注射によってある程度は修正可能です。
術者との仕上がりイメージに差があったなど、仕上がりが思い通りにならないことは良くあることなので、修正しやすいのは大きなポイントです。

◇術後すぐにメイクできる
ヒアルロン酸の注射を受けた後は、すぐにメイクが可能です。
万が一、内出血などが起きてもコンシーラーで隠すことができるので、当日や翌日に他の予定があっても問題ありません。

◇副作用やアレルギーが起こりにくい
もともと体内にある成分ということで、副作用やアレルギーが起こる可能性が低いのも特徴です。
低リスクで医療行為を受けられるのは、大きなメリットと言えるでしょう。

■目の下へのヒアルロン酸注入のデメリット
目の下へのヒアルロン酸の注入は、もちろんメリットだけではありません。
ここでは、目の下へのヒアルロン酸注入のデメリットを4つご紹介します。

◇失敗したときのストレスが大きい
人の第一印象において、目は大きな割合を占めると言われています。
目の下にヒアルロン酸の注射をして失敗した場合、「変だと思われていないだろうか……」という不安やストレスを強く感じてしまう可能性も。

◇持続期間が短い
上述したように、ヒアルロン酸注入の持続期間は6ヶ月〜1年間。時間が経過して効果がなくなったら、再度ヒアルロン酸の注射をする必要があります。

◇あざや内出血ができる
目の下は皮膚が薄いので、注入部分にあざや内出血ができることがあります。
1週間程度で治まりますが、もし治まらなかったり症状が重かったりする場合は医師に相談してください。

◇技術力に差がある
目の下へのヒアルロン酸注入をする病院が数多くあるように、施術する医師も数多くいます。その中には経験の浅い医師や、技術力の低い医師も。
技術力の低い医師に任せると、イメージ通りにいかなかったり内出血ができたりします。
事前に口コミなどをチェックしておくと良いでしょう。

■目の下へのヒアルロン酸注入の注意点
目の下へヒアルロン酸を注入しようと考えている方は、以下の4つに注意しましょう。
いずれも、注意しないと失敗や副作用のリスクが高まります。必ずチェックしてから病院に行きましょう。

イメージと違う仕上がりになることもあるので、しっかりカウンセリングを受ける
イメージと違った場合、目の下というわかりやすい位置なのでストレスを感じやすい
重ねると効果を感じにくくなる
副作用が出る可能性がある

■目の下へのヒアルロン酸注入でシワやたるみの悩みから解放されよう!
一度できると解消しづらい目の下のシワやたるみ。
即効性があるヒアルロン酸注入は、アレルギーや副作用などのリスクも低いので安心して受けることができます。

残留物の心配がない安心感や負担の少なさなど、様々なメリットがある反面、持続期間の短さや内出血などのデメリットがあるのも事実。今回ご紹介したメリット・デメリットをよく確認してから施術を受けましょう。

また、ある程度の副作用や失敗のリスクは、病院選びで回避することができます。
口コミなどを参考にして、自分に合った病院を見つけましょう。

この記事の関連商品

ヒアルロン酸マイクロニードル ダーマフィラー

詳しく見る

美白マイクロニードルセット 桜美白

詳しく見る

桜白(ブライトニングマイクロニードル) (8枚入)

詳しく見る

合わせて読みたい関連記事

pagetop