美容におけるアンチエイジングの意味とは?

一般的な「アンチエイジング」の意味とは?

アンチエイジングとは英語で「老化防止」を意味し、「抗老化」、「抗加齢」と訳されることもあります。つまり、時間の経過による心身の衰えに抵抗しようという働きのことをいいます。

一言に老化現象といっても、タイプは様々。顔のシワやシミなどの見た目に顕著に現れるのもあれば、免疫力や臓器機能の低下など体内でじわじわと進行するものあります。また骨や筋肉に自覚症状が出る衰えもあれば、適応力や記憶力の低下といった脳に大きく影響を受ける現象もあります。

これらの症状の進行を遅らせる目的で、食事療法、サプリ、運動などを日々の生活に取り入れることをアンチエイジングといいます。

美容における「アンチエイジング」の意味とは?

美容のアンチエイジングといえば、肌や髪の老化現象の進行を遅らせるだけでなく、予防もして、美しい状態を保とうとするケアのことです。

あくまでも加齢による劣化を防いで、健康的な肌と髪をキープすることが目的で、劇的な若返りを目的としたものではありません。したがって、シワやたるみを除去する美容整形などは、アンチエイジングとは定義しないという見方が一般的です。

肌の老化現象として挙げられるのが、シワ、たるみ、シミ、毛穴の開きです。これらが肌に現れると、化粧ノリが悪くなり、見た目年齢がグッと上がってしまいます。

またツヤとコシが失われるといった髪質の変化も、主に老化が原因です。

これらの症状を悪化させない、または改善するために、専用のスキンケア・ヘアケア用品でお手入れをしたり、加齢とともに不足しがちな栄養分を食事やサプリで補給したり、生活習慣を見直すことが、美容のアンチエイジングの方法です。

アンチエイジングをするメリットとは?

アンチエイジングを心掛けることによって、健康と美容に大きなメリットがあります。

健康面でのメリット

老化防止を助ける栄養分の摂取と適度な運動は、病気の予防にも大いに役立ちます。病気が回避できれば、健康寿命も延び、心身ともに活き活きとした時間を過ごすことが可能に。看病や介護を必要としない健康体がキープできれば、金銭的な負担も少なくなり、家族に迷惑をかけることもありません。

美容でのメリット

アンチエイジングを意識して、きちんとスキンケアをきちんとしていれば、トラブル知らずの美肌作りをすることも可能です。また、栄養分をたっぷり含むヘアケア用品で髪のお手入れをすることによって、ヘアスタイルも決めやすくなるので、毎朝の支度時間も短縮されること請け合い。

美容のアンチエイジングを常に意識し、丁寧なお手入れをコツコツ続けていれば、老け込むこともなく、他人に好印象を与えることができます。

手軽に始められるアンチエイジング法とは?

アンチエイジングをしようと思い立つだけで、その目的の一部は達成されているともいいます。若々しく、美しく、そして健康的でありたいと願う前向きな気持ちこそが、老化の進行を遅らせる要因といえるからです。

さらに日々のちょっとした心掛けをするかしないかで、どんどん老いてくたびれてしまうか、若々しく魅力的でいられるかが決まるといっても過言ではありません。

食事

バランスの取れた食事は、アンチエイジングの最も基本的な有効手段です。

老化に悩む人の救世主的存在であるビタミンC、肌の代謝を高めるビタミンAB2B6、腸内環境を正常化させる食物繊維、免疫力を向上させるミネラルなどを積極的に取るよう心掛けましょう。普段の食事だけでは補いきれない成分は、サプリで摂取するも賢明です。暴飲暴食や、過度なダイエットは禁物。

運動

適度な筋肉トレーニングを続けることによって、筋力の衰えを最小限に食い止めることができます。ウォーキングやジョギング、ヨガなどの有酸素運動を加えれば、代謝が上がって老廃物の排泄がスムーズになり、さらに脂肪が燃焼されやすくなるので、太りにくい身体作りが可能に。エスカレーターではなく階段を使う、お風呂上りにストレッチをするなど、日々の些細な積み重ねが老化防止に役立ちます。

睡眠

理想は16時間の睡眠。睡眠中は、ダメージ受けた肌を修復したり、新陳代謝を促したりする成長ホルモンが分泌されます。睡眠のゴールデンタイムと呼ばれ、成長ホルモンの分泌が活発になる午後10時から午前2時までには、就寝しておくよう心掛けましょう。

布団に入る12時間前にお風呂で体を温めておくと、快適に入眠することができます。

スキンケア

肌の老化を促進させるのは、紫外線と乾燥。1年を通じたUV対策と保湿は、若々しい肌のキープのためには必要不可欠です。

また現在使用しているスキンケア用品を使い切ってしまったら、次は、アンチエイジング専門の基礎化粧品に替えてみるといいでしょう。30歳を超えると不足しがちな三大保湿成分、ヒアルロン酸・コラーゲン・セラミドを補うことができれば、乾燥が緩和され、あらゆる肌トラブルの回避の期待が持てます。

 

この記事の関連商品

ヒアルロン酸マイクロニードル ダーマフィラー

詳しく見る

フィルアップ モイスチュアローション (化粧水)

詳しく見る

プレミアム セルフィットクリーム (高保湿クリーム)

12,000円(税抜)

詳しく見る

ミルクジェル ブライトセラム (高濃度美容液)

詳しく見る

合わせて読みたい関連記事

pagetop