ヒアルロン酸の分子量の違いで何が変わる?


ヒアルロン酸の分子量の違いで何が変わる?

■低分子ヒアルロン酸と高分子ヒアルロン酸の違い

ヒアルロン酸は、水分を蓄えて身体をみずみずしく保つために必要不可欠なムコ多糖類の一種。
わずか1グラムで6リットルもの水分を吸着できるという驚くべき保水力があり、水分と結合してゼリー状になり細胞の隙間を埋めるという性質を持っています。人間の皮膚は外側から表皮、真皮、皮下組織の3層で構成されていますが、ヒアルロン酸はそのうちの真皮層に含まれ、潤いとハリを担っています。
もともと人体に存在する成分ですが、その生成能力は20代半ばから緩やかに衰えはじめ、40代半ばを超えた頃から不足しがちとなり、さらに70歳になると身体に含まれるヒアルロン酸量は、赤ちゃんの頃と比較すると80%も減少してしまいます。
加齢とともに進行する肌の乾燥は、皮膚細胞に含まれるヒアルロン酸と大きく関係しています。

スキンケア用品で補うこともできますが、ヒアルロン酸は分子量が大きく、体内に吸収されにくい特徴があります。近年では研究も進み、低分子化したり、特別な形状に結晶化したりすることによって浸透性が高められたヒアルロン酸が化粧水やパックに配合されています。

低分子のヒアルロン酸のほうが、浸透性が高いので効果が高く優れていると思われがちですが、必ずしもそうではないのが事実。ここでは分子量の違いによって生じるメリット・デメリットを紹介します。低分子ヒアルロン酸と高分子ヒアルロン酸のそれぞれの特徴を理解し、スキンケア用品選びの参考にしてください。

■低分子ヒアルロン酸のメリット・デメリット

ヒアルロン酸の分子量は通常100万以上ですが、1万~10万程度にまで縮小し、原子の一部を肌に吸収しやすい物質に置き換えて作ったアセチルヒアルロン酸(通称スーパーヒアルロン酸)や、酵素などを用いてヒアルロン酸を加水分解して分子量を1万以下にした加水分解ヒアルロン酸など、低分子化されたヒアルロン酸もあります。

◇メリット
浸透性が高く、角質層の内部にまで浸透させることが可能。
化粧品に配合された場合、さらりとした使用感に。

◇デメリット
体内に摂り込まれても、比較的早く分解されてしまう。
水分の蒸発速度が速く、保湿効果の持続が比較的短め。

■高分子ヒアルロン酸のメリットとデメリット

サプリやスキンケア用品に含まれるヒアルロン酸には、ニワトリの鶏冠などから抽出した天然物と、バイオテクノロジー(微生物発酵法)によって精製される人工物との2種類があります。天然物は、大量生産できる人工物と比較すると高価になりますが、いずれも通常の分子量は100万以上。ちなみに水の分子量が18なので、比較するとどれだけ大きいかがわかるでしょう。

◇メリット
より多くの水分を抱え込むことができ、さらに水分の蒸発速度が遅いので保湿効果が持続。
皮膚の表面に留まって保護膜の役割を担い、肌のバリア機能をサポート。
化粧品に配合された場合、しっとり・もっちりとした使用感に。

◇デメリット
粘度が高いため浸透性が低く、角質層の深部にまで浸透させるのは至難の業。

■高分子ヒアルロン酸を体内に摂り入れるには

ヒアルロン酸は食品にも含まれています。動物性だとフカヒレ、手羽先、豚足など、そして植物性だとオクラ、山芋、納豆などのネバネバしたものが挙げられます。ただしその分子の大きさゆえ吸収率が悪いだけでなく、熱に弱い性質を持っていることもあり、多くは消化器官で分解されてしまいます。サプリでも同様で、体内への吸収率を重視するなら、低分子化またはナノ化されたヒアルロン酸が配合されているものをチョイスするといいでしょう。

高分子ヒアルロン酸は、経口摂取ではなく、スキンケア用品で皮膚から直接摂り入れるのが賢明です。
通常は肌の表面に留まって保湿とバリア機能を担うヒアルロン酸ですが、「溶解型マイクロニードル技術」を用いれば皮膚の中まで浸透させることが可能。目に見えないほどの微細(=マイクロ)な針(=ニードル)に薬剤成分などを含ませて、肌に貼付するという方法で、つまりマイクロニードルにヒアルロン酸を含ませて肌に貼れば、針が溶け出すのと同時に高分子ヒアルロン酸でも角質層に浸透させることができるのです。
美容外科などで行われているヒアルロン酸注射に代わる、気軽で安全性の高い方法として注目されています。

この方法を採用しているのが、ポイントケア用シートパックのダーマフィラーです。
就寝時に貼ると、ミクロの針状に結晶化されたヒアルロン酸が溶け出し、肌の隅々に浸透します。主成分の高分子ヒアルロン酸は国産で精製度が高く、しかも濃密なので、肌をしっかり保湿。さらに潤いを持続させます。
ダーマフィラーによる週2回の集中ケアを続けることによって、皮膚の内側から押し上げるような弾力が生まれるので、ほうれい線やシワが目立ちにくくなる効果が大いに期待できます。

この記事の関連商品

ヒアルロン酸マイクロニードル ダーマフィラー

詳しく見る

桜白(ブライトニングマイクロニードル) (8枚入)

詳しく見る

美白マイクロニードルセット 桜美白

詳しく見る

合わせて読みたい関連記事

pagetop