肌の老化を防ぐための、しっかりとした紫外線対策とケア方法!

肌の老化を防ぐための、しっかりとした紫外線対策とケア方法!

紫外線は肌の老化を促進させる?

「光老化」という言葉をご存知ですか?

紫外線を浴びることによって、シミやシワなどの肌の老化現象が引き起こされることをいいます。

紫外線には波長が長く皮膚の奥にまで到達するUV-Aと、比較的短く皮膚への到達が浅いUV-Bとがあります。

日光を浴びるとUV-Aは皮膚の真皮層にまで入り込み、肌の弾力を担うコラーゲンやエラスチンを変形させて、肌の保湿機能を低下させるので、シワやたるみが目立ちやすくなります。

また日焼けやシミ・ソバカスなど、サンバーンの原因となるのは主にUV-Bです。

細胞の核を破壊する紫外線の侵入を、肌を黒くすることによって防ごうとする皮膚が、メラニン色素を発生させるからです。

肌の生まれ変わりのサイクルが正常であれば、たとえ色素が大量に発生しても垢となって排出されます。

しかし、サイクルが乱れてしまうと色素が残留して肌に沈着し、シミやソバカスとなってしまうのです。

シワ、たるみ、シミ・ソバカス紫外線はまさに諸悪の根源。

肌の老化の原因の20%が加齢、80%が紫外線といわれています。

このパーセンテージからも、若々しく美しい肌をキープするために、紫外線対策はいかに重要かがわかるでしょう。

正しい紫外線対策とは?

まずは日光をシャットアウトすることが先決です。

帽子やサングラスを着用し、露出する肌には日焼け止めクリームを塗るというのが基本です。

日焼け止めクリームには、「PA」や「SPF」といった紫外線をどの程度カットするかを表す指標があります。

PA」はUV-Aに対して、そして「SPF」はUV-Bに対しての効果を示しています。

PA」の場合は、PA+PA++と表示されますが、+の数が多いほどUV-Aの防止効果が高くなり、PA++PA+の2倍の、そしてPA+++PA++2倍の効果があるとされています。

SPF」は、紫外線によるダメージの抵抗力を数値で示しています。

例えばSPF10は、何も塗っていない状態の10倍量のUV-Bを浴びても、サンバーンを起こさないとされています。

PA」の+が多いほど、「SPF」の数値が高いほど、紫外線をより強力にカットしてくれますが、その分肌への負担が大きくなってしまうので、日常使いなら、PA+~++でSPF1530程度がおすすめです。

また屋外で過ごす時間が長い時は、PA+++~++++でSPF3050のクリームを選ぶといいでしょう。

日焼け止めクリームはこまめに塗り直すことによって効果の持続が期待でき、さらに日焼け止めサプリと併用することも賢明です。

夏の晴れた日はもちろんですが、オールシーズン、曇りの日でもあなどれません。

気を抜かず、紫外線からきっちり肌をガードするよう心掛けましょう。

紫外線対策に有効な食べ物とは?

紫外線のダメージによる肌の劣化を防ぐために、摂取を心掛けたい栄養素の筆頭格はビタミンCです。

色素が沈着しにくくなり、コラーゲンの生成を促進させる作用があります。

ビタミンCは熱に弱く調理によって損なわれかねないので、イチゴ、レモン、キウイなどのフルーツを生で食べるといいでしょう。

抗酸化力が強いリコピンも有効です。

過剰に発生した活性酸素の除去と、紫外線によるコラーゲン減少の予防を助ける働きがあります。

リコピンを多く含む食材といえばトマトです。

リコピンは油溶性で脂と一緒に摂取すると吸収率がアップします。

その他、ダメージを受けた肌を整える効果があるとされるビタミンB2を含む、サケ・マス類の魚や豚肉、さらに血行を良くして肌の新陳代謝を促すビタミンEを含むアボカド、アーモンドなどのナッツ類もおすすめです。

紫外線を浴びてしまった後の食事を気遣うことも大切ですが、日光に当たる前に食べないほうがいい食材があるのをご存知ですか?

避けるべきは、紫外線の吸収を促進してしまう「光毒性」を持った食べ物。

日光を浴びる前にソラレンのように光毒性のある成分を多く摂取してしまうと、色素沈着のリスクが高まるのです。

ソラレンは、オレンジやグレープフルーツなどの柑橘類や、パセリやセロリなどの香味野菜の多くに含まれています。

とはいえ、これらは美容に有効な食材なので、朝ではなく夜に食べるようにするといいでしょう。

乾燥しやすい人の紫外線対策とケア方法

紫外線が真皮に侵入してコラーゲンが変形してしまうと、十分な水分を保持できなくなり、肌の乾燥が進みます。

乾燥肌の人にとって紫外線対策は特に重要ですが、日焼け止めクリームを塗ると肌がより乾燥しやすくなると感じている人も多いのでは?

市販されている日焼け止めの多くに含まれている紫外線散乱剤には、紫外線を反射させて肌に吸収させないという働きがありますが、肌の乾燥を引き起こすといわれています。

日焼け止めクリームを選ぶときは、ノンケミカルで保湿成分がふんだんに配合されたタイプのものを選ぶといいでしょう。

それから、日焼け止めクリームは、通常のスキンケアが終わって5分待ってから塗るのがおすすめです。

スキンケア用品の保湿成分が十分肌になじんでからだと、乾燥が気になりにくくなります。

また、乾燥が気になる際には、角質層までヒアルロン酸が浸透する美容パックやシートを日常的なスキンケアにプラスするのがおすすめです。週に23回のヒアルロン酸マイクロニードルのダーマフィラーによる集中ケアだと、潤い成分をより効率的に肌に届けることが可能になります。

 

この記事の関連商品

ヒアルロン酸マイクロニードル ダーマフィラー

詳しく見る

フィルアップ モイスチュアローション (化粧水)

詳しく見る

プレミアム セルフィットクリーム (高保湿クリーム)

12,000円(税抜)

詳しく見る

ミルクジェル ブライトセラム (高濃度美容液)

詳しく見る

合わせて読みたい関連記事

pagetop