肌のターンオーバーを促す食べ物とは?

 

肌のターンオーバーを促す食べ物とは?

肌のターンオーバーをサポートする食べ物は?

肌のターンオーバーは28日が理想とされています。

ターンオーバーの周期が短すぎると、角質層を形成する組織が未熟で薄い細胞になるためバリア機能が弱まり、肌荒れが起こりやすくなります。

逆に長すぎると、排出されずに肌の表面に留まった古い細胞がくすみの原因となったり、化粧水などの有効成分の浸透を妨げたりします。

また、たまった色素が沈着してシミが目立ちやすくなってしまうことも。

トラブル知らずの美しい肌をキープするためには、ターンオーバー周期を保つことが重要です。

ただし、ターンオーバーは加齢によって遅くなりがち。

20代は28日前後だった周期が、3040代になると約45日になってしまいます。

さらに年齢以外にも、紫外線や生活習慣によってもターンオーバーの乱れは引き起こされます。

食生活に気を配り、肌細胞を健全な状態へと導く栄養分を補給すれば、ターンオーバーが乱れないように体内からサポートすることが可能です。

積極的に摂取したい栄養素の筆頭格といえば、体内のあらゆる細胞を作り、コラーゲンの源にもなるタンパク質です。これが不足すると筋力が衰え、代謝も悪くなってターンオーバーが滞りがちになります。

タンパク質が豊富な食材には、肉類、魚介類、卵類、大豆製品、乳製品などがあります。

いずれも取り入れやすいので、良質なものを毎食摂るように心掛けましょう。

また、細胞の増殖や分化をスムーズにして、皮膚や粘膜の健康維持をサポートするビタミンAも不可欠です。

豊富に含まれている食材には、ニンジン・ホウレン草などの緑黄色野菜、サバ・イワシなどの青魚、ウナギ、アナゴ、乳製品や卵などが挙げられます。

細胞の再生を助け、皮膚や粘膜の健やかに守る働きがあるビタミンB2も必要です。

ビタミンB2はレバー、ウナギ、卵などの動物性食品に多く含まれているほか、納豆やアーモンド、乳製品にも豊富です。

加えて、代謝促進と皮膚内のコラーゲンの合成を助ける亜鉛も欠かせません。

不足すると皮膚の再生不良だけでなく味覚障害をも引き起こしかねない必須ミネラルの亜鉛は、牡蠣、煮干し、牛肉、豚レバーなどから摂取が可能です。

しかし、過剰摂取すると、貧血や免疫力の低下を引き起こしかねないので、亜鉛のサプリなどを併用するときは注意が必要です。

効率よく摂取するにはどうしたらいいの?

タンパク質を多く含む食品を食べる時は、ビタミンB6も併せて摂取するといいでしょう。

唐辛子やニンニクなどに含まれるビタミンB6は、タンパク質の分解や合成を促進させて皮膚や粘膜を作る働きを助けます。

タンパク質が豊富な肉類を、唐辛子やニンニクとともに調理するといいでしょう。

ビタミンAは油溶性ビタミンなので、油との相性が良いのが特徴。油で炒めたり、オイルドレッシングをかけたり、ピーナッツやゴマなどの油分を多く含むナッツ類と一緒に食べると吸収率がアップします。

ビタミンB2は水溶性ビタミンなので、余分なものは排出されてしまい体内にストックすることができません。

毎日きちんと補うように習慣づけておくと良いでしょう。

しかし、どんなに食事に気を使っても、あくまでも天然の食材のため、即効性や劇的な変化を期待するのはナンセンスといえるでしょう。

これらの食材をふんだんに取り入れつつ、バランスのとれた食事を毎日コツコツと続けることが重要です。

質の良い食生活は、美肌だけでなく、肥満防止や疲労回復にも役立ち、女性としての心身の美しさをキープするためには不可欠です。

食生活だけでなく、日常的なケアも大切!

肌のターンオーバーが乱れないようにするためには、食事で内側からアプローチするだけでなく、きちんとスキンケアをして外側からも有効成分を届けてあげることが重要。

ターンオーバーをケアするためには、美しく健全な肌をキープするためには保湿が大切なのです。

角質層に十分な潤いを与えることによって、皮膚の表面に滞っていた古い細胞の排出を助け、バリア機能を高めることが可能になります。

保湿ケアの基本は、ヒアルロン酸、セラミド、コラーゲンといった3大保湿成分の補給です。

いずれも皮膚内にもともと存在している成分ですが、加齢とともにこれらの生成能力が衰えていき、不足しがちになります。基礎化粧品でしっかり補うよう心掛けましょう。

肌のくすみやごわつきは、ターンオーバーが乱れているサインかもしれません。

ターンオーバーが乱れがちな皮膚はデリケートなので、石油系界面活性剤、香料、着色料などの刺激の強いケミカルな要素を含むスキンケア用品は避けたほうが賢明です。

ノンケミカルなスキンケア用品を使用するようにしましょう。

もっと重大な肌トラブルや肌質の劣化を予防するためには、週23回のパックによる集中ケアもおすすめです。

マイクロニードルを採用した「桜美白」や「ダーマフィラー」で角質層までうるおいを届けて、ターンオーバーを促すことで若々しい肌を保ちましょう。

この記事の関連商品

ヒアルロン酸マイクロニードル ダーマフィラー

詳しく見る

桜白(ブライトニングマイクロニードル) (8枚入)

詳しく見る

美白マイクロニードルセット 桜美白

詳しく見る

合わせて読みたい関連記事

pagetop