日焼けをしにくい肌になるために必要なケア方法とは?

 

日焼けをしにくい肌になるために必要なケア方法とは?

日焼けしやすい人としにくい人がいる?

同じ太陽の下で同じ長さの時間を一緒に過ごしても、日焼けの状態は人それぞれ。すぐにこんがり小麦色に日焼けする人もいれば、直後に赤く腫れあがっただけですぐ色が引いてしまうという人もいます。

その違いは、生まれ持ったメラニン色素の量と、その生成能力の高低差から生まれます。

地黒の人はもともと体に備わっているメラニン色素の量が多く、その生成能力も高いので、紫外線に当たると、そのダメージから肌を自己防衛しようとしてメラニン色素をどんどん生成するため、日焼けしやすくなります。

一方、生まれ持ったメラニン色素の量が少なく、生成能力も高くはない色白の人は、紫外線によるダメージの防御力が比較的弱いので、赤く腫れたり軽い火傷を起こしたりといったトラブルが起こりがちです。

さらに乾燥肌は、特に日焼けをしやすい傾向にあります。

肌の乾燥はターンオーバーを早めて不調を引き起こす原因になります。ターンオーバーが早くなると肌の一番表面にある角質層に、未熟な角質細胞が増えてしまいます。未熟な細胞は薄弱なためバリア機能が低く、紫外線などの外的な刺激を防ぎきれなくなるので、日焼けや色素沈着がすすむことに。

日焼けしにくい肌にする方法とは

もともと体にあるメラニン色素の量など遺伝的な体質を変えることはできませんが、日々の心がけ次第で、日焼けをしにくい肌作りをすることも可能です。気を付けるべきは以下の2点です。

肌の保湿力をサポート

皮膚細胞に十分な潤いがあればターンオーバーをサポートし、バリア機能も高まるので、紫外線のダメージをもろともしない健やかな肌になります。

ターンオーバーがスムーズだと、日焼けはもちろんシミやそばかすといった色素沈着も防ぐことができます。

日焼け止めサプリを飲む

日焼け止めサプリを飲むことで、体内から紫外線をブロックする方法もあります。

レジャーなどで日光を浴びてしまいそうな日から約1週間さかのぼって、早目にサプリを飲むことによって、日焼け予防の効果が期待できます。

日焼けしてしまった時の適切なケア方法

どんなに注意をしていても、紫外線を完全に防ぐのは至難の業です。

日焼けをしてしまった時は、ダメージを残さないように、インナーケアとアウターケアの両面から肌をリカバリーするよう心掛けるといいでしょう。

効果的なインナーケア

適度なカロリーで、バランスがとれた食事をすることが大前提ですが、日焼け後に積極的に摂取したい栄養分は、ビタミンACEやリコピンです。

いずれも高い抗酸化作用があり、メラニン色素の生成を活発化させる活性酸素の過剰発生を抑制できます。特に優れた抗酸化作用を誇るビタミンCは、血行を良くして新陳代謝を高めるビタミンEと一緒に摂取すると相乗効果が期待できます。ビタミンCは柑橘類、キウイ、イチゴなどのフルーツに、そしてビタミンEは、アーモンドなどのナッツ類やアボカドに豊富です。免疫力アップの期待もできるビタミンAは、豚肉、鶏レバー、ニンジン・かぼちゃなどの緑黄色野菜から摂取できます。

また、抗酸化作用がビタミンE1000倍以上もあるというリコピンは、日焼け後の必須栄養素です。トマトに豊富で、油溶性なため脂質となじむことによって吸収率が高まります。

効果的なアウターケア

日焼け後に肌がヒリヒリしている時は、まず濡れたタオルを当てるなどして、熱を落として鎮静化させることが大切です。使い慣れたスキンケア用品でも、日焼け後にデリケートになった肌に塗布するとトラブルを引き起こすこともあるので、慎重に。

まず皮膚にたっぷり補給したいのは、ヒアルロン酸・コラーゲン・セラミドなどの保湿成分です。紫外線を浴びた肌は脱水状態に陥りがち。しっかり保湿をすることによってコンディションが整い、トラブル回避に役立ちます。

ダメージを修復するビタミンC誘導体などの成分は、日焼け直後の肌には刺激が強いことがあるので、23日待ってから使用すると安心です。

美白肌を目指すなら

ハリのある健康的な白い肌をキープするためには、紫外線を浴びてしまってから慌ててフォローするのではなく、日頃から入念なケアをしておくことも重要です。

質の良い美白成分と保湿成分をしっかり肌に補給してコンディションを整えておけば、ターンオーバーが乱れにくくなり、バリア機能も働くようになります。

パックと薬用美容液がセットになった「桜美白」は、美肌をキープするデイリーケアとしても、また日焼けをしてしまった肌の乱調を補正するアフターケアとしても理想的なスキンケアアイテムです。

「桜白エッセンス」は、ブタプラセンタ、ヒアルロン酸、クワエキスなどが濃厚かつバランスよく配合された薬用美白美容液で、肌のハリと透明感のアップをサポートします。

また「桜白」は、潤い成分とブライトニング成分をミクロの針状に凝縮したシートタイプのパック。一晩貼ることによって有効成分が角質層の中へと浸透します。肌の生まれ変わりのリズムに合わせて2ヶ月間じっくり使い続けることによって、加齢とともに乱れがちなターンオーバーの回復をバックアップします。

 

この記事の関連商品

美白マイクロニードルセット 桜美白

詳しく見る

桜白(ブライトニングマイクロニードル) (8枚入)

詳しく見る

桜白エッセンス(薬用美白保湿液)

詳しく見る

合わせて読みたい関連記事

pagetop