サプリを飲んで肌をひきしめましょう!

サプリを飲んで肌をひきしめましょう!

■肌がたるむ原因とは?

顔の肉がたるむと老け込んであか抜けない表情になってしまうだけでなく、実際はそうでなくても、不機嫌だという印象を与えてしまいがち。年齢を重ねて顔や身体の肉が垂れ下がってしまうのは、地球の引力だけが理由ではありません。
たるみの原因を知ってしかるべき対策をすれば、予防や進行の緩和することも可能です。
まずは肌がたるんでしまう主に3つの原因を確認しておきましょう。

◇ハリの低下
肌のハリは、皮膚の真皮層に存在するコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸によってキープされます。ネットのように縦横に張り巡らされたコラーゲン、コラーゲンのジョイント部分に絡む伸縮性と弾性に富んだエラスチン、ベッドのスプリングのような役割をするコラーゲンとエラスチンの隙間を埋める水分を十分に含んだヒアルロン酸が、肌の内側から押し上げるような肌のハリを生み出すのです。
ただし、これら3つの成分は、加齢、紫外線による肌の酸化、栄養不足、肌の乾燥などが原因で不足しがち。するとハリがキープできなくなり、肌がたるんでしまうことに。

◇表情筋の衰え
顔は一番外側から、皮膚、脂肪、筋肉、骨という構造になっています。筋肉には、比較的浅い場所にある表情筋と、より骨に近い深層筋とがありますが、中でも表情筋が衰えると脂肪と皮膚を支えられなくなり、たるんでしまいます。
表情筋は、身体の別のパーツについた筋肉と同様、加齢とともに使われないことによって衰えます。

◇悪い姿勢
猫背のように背中が曲がっている時間が長いと、首の後ろの筋肉が縮み顔全体の肉が下方向に引っ張られるので、頬の肉がほうれい線の上に覆いかぶさるようなブルドッグ顔になってしまいます。
さらに脚を組んだり、片肘をついたりといったバランスが悪い姿勢でいる癖がついていると、左右どちらかに負担が大きくなり、それが顔のたるみの一因になることもあります。

■ハリのない肌をひきしめるには

ハリのない肌には、肌の真皮層のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を増やすことが有効です。
そのためには線維芽細胞を活性化すること必要があります。コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸は線維芽細胞によって生成されるからです。
美肌はもちろん、人体組織の若返りやダメージを受けた皮膚にも関係がある線維芽細胞ですが、加齢、紫外線、不摂生などの影響を受けやすく、活性酸素が増えることにより、酸化によって減少し、活性も失いがちです。
肌のたるみが気になり始めた、または気になっているという人は、まずは生活習慣を見直してみるといいでしょう。さらに外的・内的なダメージから線維芽細胞を守るために、抗酸化作用のあるビタミンやポリフェノールを意識的に摂取することもオススメです。
線維芽細胞を活性させてコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を自ら作り出すようにするのと並行して、これらの成分をスキンケア用品によって補給することも大切です。
皮膚の内側と外側の両方からアプローチすると、より高いひきしめ効果が期待できます。

また口を動かす表情筋のエクササイズや、リンパや血液の流れをスムーズにするマッサージを日々コツコツ行うことにより、たるみの改善も見込めます。

■おすすめのサプリメントはある?

肌に必要な成分は、先述のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸に加えて、ビタミンC、ビタミンA(レチノール)、イソフラボンなどの植物性女性ホルモン、プラセンタが挙げられます。
日常的な食事だけで理想量を摂取するのが難しい栄養分は、サプリで補給するのも賢明です。
特にコラーゲンやヒアルロン酸は、分子が大きく消化器官では吸収されにくいこともあるので、低分子化やナノ化したものが配合されたサプリをチョイスするのが良いでしょう。
ただし、成分の過剰摂取には要注意です。女性ホルモンを過剰摂取した場合は月経不順などが、そしてビタミンAの場合は肝機能障害が引き起こされかねません。サプリはあくまでも栄養補助食品だと理解し、既定の摂取量を守って飲むようにしましょう。

■肌のひきしめが期待できるスキンケアとは?

ハリのない肌のスキンケア用品選びのポイントは2つ。有用成分が濃密配合されていること、そしてその成分が皮膚に十分に行き届くことです。
これら2つの条件を兼ね備えている「ダーマフィラー」と「桜白」は、皮膚の内側から肌をサポートしてくれるシートタイプのパックです。マイクロニードル技術を利用し、有用成分をミクロの針状に結晶化させてあるので、就寝前に気になるパーツに貼ることによって成分が溶け出し、一晩かけて角質層にじわじわとしみわたります。
「ダーマフィラー」には、ヒアルロン酸、加水分解コラーゲン、アミノ酸の一種エクトインが、そして「桜白」には、ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、グリセリンが配合されているので、肌をひきしめるための栄養補給が可能です。
「ダーマフィラー」は週1~2回、「桜白」は週2~3回のお手入れがおすすめです。

この記事の関連商品

ヒアルロン酸マイクロニードル ダーマフィラー

詳しく見る

桜白(ブライトニングマイクロニードル) (8枚入)

詳しく見る

合わせて読みたい関連記事

pagetop