夏なのに肌が乾燥!?夏の肌のお手入れ・対策方法

夏なのに肌が乾燥!?夏の肌のお手入れ・対策方法

夏の肌はエアコンで乾燥する?

エアコンを長時間使用していると、室内の乾燥が気になりますよね。

その原因は、エアコン内の熱交換器です。熱交換器には、熱を吸収して室内の温度を下げる効果がありますが、同時に空気中の水分も一緒に吸い取ってしまうのです。

水分量が減少して締め切った室内は、肌にとって良いコンディションとはとても言い難いもの。さらに冷房の風があたると、皮膚の乾燥はさらに加速するので要注意です。

乾燥は美肌の大敵です。

人間の肌の表面は、厚さわずか0.2ミリほどの薄い角質層で覆われています。角質層には、外部の刺激から肌を守り、皮膚に含まれる水分の蒸散を防ぐといった重要な役割があります。

外気が乾燥すると、外気に直接触れる角質層内の水分量も減少してもろい状態になり、重要な役割が果たせなくなってしまいます。

つまり肌が乾燥すると皮膚のバリア機能が弱まり、肌老化を促進させてしまうのです。

エアコンはなるべく使わないようにすることが、肌にとってはベターですが、かといって猛暑日に冷房なしで過ごすのは快適ではありません。

エアコンのついた室内で長時間過ごすときは、顔に軽くミストを吹きかけたり、こまめに水を飲んだりして、外側と内側から水分補給するよう心掛けるといいでしょう。

乾燥だけじゃない、夏の肌トラブル

夏は肌にとって、実は過酷なシーズンなのです。エアコンによる乾燥以外にも、肌にダメージを与えかねないリスクが多く潜んでいます。

紫外線

地上に届く紫外線には、UV-AUV-B2種類がありますが、いずれも78月にかけて降り注ぐ量が最も増えます。

UV-Aは波長が長い光線で、雲や窓ガラスを透過して肌に到達するので、曇天の日や室内にいる時でもあなどれません。

UV-Aは肌の真皮層にまで届いて、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を生成する線維芽細胞にダメージを与えてしまうので、肌の弾力が失われてシワやたるみが目立ちやすくなってしまいます。

一方UV-Bは波長が短めで肌の奥にまでは到達しないものの、表面にダメージを与えるという特質があります。

UV-Bを浴びると皮膚内でメラニン色素の合成が活発になるので、やけどのように赤く炎症させるサンバーン、シミ、そばかすができやすくなります。

衣類で肌の露出を控え、日焼け止めクリームや日焼け止めサプリを活用して、徹底した紫外線対策が不可欠です。

肉体疲労・睡眠不足

夏の間、高温多湿の環境に体が順応せず、夏バテをしてしまう人も多いのではないでしょうか。

だるさを覚えたり、食欲不振になったりといった体調不良に陥ると、免疫力が低下します。

そんな時は、肌が本来持つ防御能力も衰えてしまいます。

さらに暑さのため寝苦しかったりして十分な睡眠時間が確保できないと、ターンオーバーの乱れが引き起こされます。

すると肌の再生がスムーズにできなくなり、老廃物が溜まりやすくなります。

疲労や睡眠不足は肌荒れを悪化させてしまうので、生活習慣を改善して対策をしましょう。

良質なたんぱく質とビタミンが摂取できる栄養価の高いものをバランスよく食べ、早寝を心掛けるといいでしょう。

疲れを溜め込まないようにすることが、身体にとっても肌にとっても重要です。

夏の肌のお手入れと対策方法

乾燥、紫外線、免疫力低下にも負けない健康的な肌をキープするためには、保湿と美白に重点を置いたスキンケアが必要不可欠です。

化粧水→美容液→乳液またはクリームといった一連のお手入れに加え、パックをして栄養分をしっかり補給すれば、皮膚が本来持つ再生機能が正常化して、化粧ノリの良い生き生きとした肌になることでしょう。

濃厚な美容成分をしっかり角質層に浸透させることが、夏のスキンケアのカギとなります。

保湿

ヒアルロン酸といえば、わずか1g6リットルもの水分を保持できるという最強の保湿成分。

もともと皮膚に含まれていますが、加齢とともにどうしても不足しがちになるので、美肌維持のためにはスキンケア用品でしっかり補う必要があります。

マイクロニードルパッチのダーマフィラーは、高分子ヒアルロン酸が針状に結晶化され、一晩貼って寝ることによって有用成分が角質層内部でジワジワと溶けていくように設計されています。

そのため化粧水や美容液などを塗って補給するよりも、有用成分がすみずみまで行き届くのです。

国内で精製された高濃度のヒアルロン酸は、皮膚の表面に留まってバリアの役割を担うだけでなく、角質層の内側から肌を押し上げるような弾力をサポートします。

1回のヒアルロン酸注入ケアが、エアコンの乾燥によるダメージを受けにくい健やかな肌へと導きます。

美白

プラセンタエキス、ビタミンC誘導体、レチノールなどのブライトニング成分と、ヒアルロン酸、加水分解コラーゲンなどの保湿成分がバランスよく配合され、美白と保湿に特化したエイジングケアができるのが、桜美白の特長です。

ダーマフィラーと同じく、美容有効成分を針状に結晶化してあります。針の数は1シートになんと約500本。

保湿成分が角質層にまで行きわたり、バリア機能を補強することで、紫外線によるダメージを軽くすることも不可能ではありません。

肌のターンオーバーに合わせて2ヶ月間、週1~2回の集中的なケアが理想です。肌色が明るくなったような透明感に、満足できるでしょう。

夏でも乾燥対策は大切です。

日々のスキンケアをしっかりと行い、いつまでも健康的な肌でいられるように心掛けましょう。

この記事の関連商品

ヒアルロン酸マイクロニードル ダーマフィラー

詳しく見る

桜白(ブライトニングマイクロニードル) (8枚入)

詳しく見る

美白マイクロニードルセット 桜美白

詳しく見る

合わせて読みたい関連記事

pagetop