肌のたるみの原因とは?改善方法と予防対策

肌のたるみの原因とは?改善方法と予防対策

肌がたるんでしまう原因とは?

たるみは、顔を老けさせてしまう大きな要因のひとつです。

頬や首の肉がたるんでしまうと、口元のたるみや二重あごが目立ち、垢抜けない印象を与えてしまいかねません。

加齢とともに顔の皮膚はたるんでしまいがちですが、その原因は主に3つあります。

原因を理解し、対策に役立てましょう。

肌のハリの減少

人間の皮膚は、外側から表皮・真皮・皮下組織から成り立っていますが、肌のハリを担うコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸は、真皮の部分に存在しています。

真皮内では、コラーゲンが網のように張り巡らされ、それを、エラスチンという線維と、水分を蓄えてゼリー状になるヒアルロン酸が支えることによって、肌にハリが保たれます。

ただし、ヒアルロン酸は加齢によって減少し、コラーゲンとエラスチンも、紫外線による肌の酸化、栄養不足などが原因で生成が鈍ってしまいがち。すると、内側から突き上げるような肌のハリと弾力が失われ、皮膚はたるんでしまいます。

表情筋の衰え

顔は、外側から皮膚・脂肪・筋肉・骨という構造になっています。顔の筋肉は30種類以上あり、皮膚の表面に近い筋を表層筋、骨に近い筋を深層筋と呼び、それらは表情筋と総称されます。

喜怒哀楽の表情は筋肉が動くことによって作られ、瞬きや口の開閉にも筋肉が使われますが、日常的に使われている表情筋は実は全体のわずか30%程度。

表情筋も、身体の他のパーツの筋肉と同様、日常的に使っていないと衰えてしまうので、表情を豊かにしたりストレッチをしたりといった意識的な対策をしていないと、筋力は失われてしまいます。

筋力が衰えると、その上にある脂肪と皮膚を支えきれなくなり、顔全体がたるんでしまいます。

悪い姿勢

デスクワークやスマホを見ている時など、猫背になっていると指摘されたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

背中が丸くなると、あごを前に突き出した姿勢になってしまいがちです。すると首の後ろの筋肉と顔全体の肉が下方向に引っ張られ、たるみができやすい状態に。

さらに猫背だけでなく、脚を組む、片肘をつくなどの悪い姿勢の癖がつき、身体の左右が不均衡になって余分で不自然な負荷が顔の肉にかかると、たるんでしまいます。

肌のたるみに効果がある食べ物とは?

適度なカロリーでバランスのとれた食事を13回摂ることがもちろん基本ですが、たるみ対策として特に積極的に摂取したい成分は3つあります。

イソフラボン

イソフラボンには、美肌ホルモンと称される女性ホルモンのエストロゲンと似た働きがあります。ヒアルロン酸やコラーゲンの合成をサポートし、肌にハリとツヤを与えます。

イソフラボンを多く含む食品には、納豆、豆腐、油揚げがあります。

ポリフェノール

抗酸化作用が高くアンチエイジング効果が期待できるポリフェノールは、血流の流れをスムーズにする作用もあるので、栄養分を皮膚細胞の隅々にまで届けることができます。

ポリフェノールは、植物の色素や渋みのことで、緑茶、ココア、赤ワインに含まれています。

タンパク質

20種類のアミノ酸で構成されるタンパク質は、美しく健やかな髪、肌、爪を作り出す基礎成分です。

弾力を生み出すコラーゲンを生成も助け、代謝に欠かせない酵素や免疫細胞を作る材料にもなります。

良質のタンパク質は、肉、魚、乳製品、卵、大豆製品から摂取可能です。

またタンパク質の一種であるコラーゲンを体に多く摂り入れたい場合は、手羽先、ウナギ、レバー、フカヒレを食べるといいでしょう。

肌のたるみの原因になる生活習慣の改善法

食事などの生活習慣を見直せば、症状の軽いたるみなら解消することも可能です。

また、日々のちょっとした努力によって、たるみを予防して進行を遅らせることも十分に期待できます。

先述の通り、悪い姿勢の癖がついてしまうとたるみができやすくなってしまいます。日頃から姿勢を正すよう心掛け、また首の後ろが伸びて顔の肉が下に引っ張られるような状態を避けるためにも、枕はあまり高すぎないタイプのものがおすすめです。

表情筋のストレッチもおすすめです。

口を大きく開けたり、変顔を作ったりして、普段はあまり使うことがない筋肉を伸ばしてみましょう。

マッサージだと、顔の表面にある表層筋には有効ですが、深層筋までにはアプローチできず、また誤った方法だとたるみの進行を促進させかねないので注意が必要です。

肌のたるみを予防するには?

スキンケアで肌のたるみを予防する場合、やはり重視したいのは保湿です。

保湿をしっかりすればターンオーバーが正常化して血流もスムーズになり、栄養分が皮膚細胞に栄養が行き渡ります。すると、コラーゲンやエラスチンの生成も活発に。

さらに皮膚細胞を潤すことによって角質層のバリア機能を高められれば、紫外線などによる環境ダメージから肌を守ることができます。

保湿の集中ケアに効果的なのは、ダーマフィラーのマイクロニードルパッチです。

部分ケア用のシートには、ヒアルロン酸と加水分解コラーゲンなどの保湿成分が、ミクロの針状に結晶化されています。

一晩貼って寝れば、針が皮膚内で溶けて成分がジワジワと角質層に浸透し、肌の内側からふっくらとしたハリをサポートします。

2回のケアが、潤いに満ちた肌へと導きます。

この記事の関連商品

桜白(ブライトニングマイクロニードル) (8枚入)

詳しく見る

美白マイクロニードルセット 桜美白

詳しく見る

ヒアルロン酸マイクロニードル ダーマフィラー

詳しく見る

合わせて読みたい関連記事

pagetop