肌にニキビ…大人ニキビができる原因と対処法

肌にニキビ…大人ニキビができる原因と対処法

 

■大人ニキビができる原因

成長ホルモンの影響によってできる思春期のニキビは、時間が経てば自然に治るのが一般的ですが、一方の大人ニキビは治しにくく、跡になって残ってしまいやすい厄介なもの。

きっちり対処しておかないと、見た目が醜く化粧ノリが悪くなるだけでなく、取り返しのつかないことになりかねないので注意が必要です。

では、大人ニキビはなぜできてしまうのでしょうか。

大人ニキビにもいくつかの種類があるので、ご紹介します。

 

◇白ニキビ

白ニキビとは、ニキビの初期段階です。

毛穴の中にたまった皮脂の色が白くなり、皮膚が少し隆起しますが炎症はないので痛みはありません。

◇黒ニキビ

皮脂が毛穴の中で酸化して黒くなったものが、黒ニキビです。こちらも白ニキビと同様に初期段階であり、炎症を起こしていません。

しかし、炎症が起きてしまうと悪化するため、早めにケアしましょう。

 

◇赤ニキビ

黒ニキビが進行して、炎症を起こしている状態が赤ニキビです。毛穴の中で雑菌が増殖していて、痛みをともないます。

 

◇黄ニキビ

赤ニキビがさらに悪化し、化膿してしまったものを黄ニキビと呼びます。毛穴の中でニキビの原因菌であるアクネ菌以外に黄色ブドウ球菌も増殖し、炎症がひどくなります。また、菌が増殖しているため、潰してしまうと跡が残る可能性があります。

 

■ニキビができてしまった時の対処法とは?

大人ニキビは、その種類によって対処法が異なります。

それぞれの対処法を見ていきましょう。

 

◇白ニキビ・黒ニキビ

白ニキビと黒ニキビは初期段階のため、スキンケアを見直すだけで改善する見込みがあります。

メイクや皮脂の汚れなどが皮膚に残らないように丁寧に洗顔をして、皮膚を清潔に保つよう心掛けていれば、自然に治癒させることが可能です。

ただし、洗浄力の強すぎる洗顔料の使用やゴシゴシ洗いによって刺激を与えてしまうと、悪化しかねないので気をつけましょう。

 

◇赤ニキビ

赤ニキビになってしまうと、とたんに治りが遅くなります。ニキビを悪化させないためには、まず皮膚を清潔にしておかなければなりません。優しく丁寧な洗顔をし、シーツやタオルなどに雑菌が繁殖してないか気を付けると良いでしょう。

 

◇黄ニキビ

膿んでしまっている黄色ニキビは、炎症を抑えることと保湿が重要です。

肌のバリア機能をアップさせるために、保湿成分をたっぷり補給して肌を乾燥させないようにしましょう。

しかし、改善が見られない場合には、皮膚科を受診することをおすすめします。

 

■部位別のケア・対策

大人ニキビは、できてしまった部位によって注意すべき点やケア方法が異なります。

ここからは部位別に見ていきましょう。

 

◇フェイスライン

頬杖をついたり、髪の毛が触れてしまったりと、無意識に触れてしまうことが多いアゴやフェイスライン。

月経の関係でホルモンバランスが乱れ、黄体ホルモンの分泌でニキビができやすい部位でもあります。

これらの部位は、とにかく肌を清潔に保つことが大前提。

メイクの洗い残しがないようにしましょう。

意外と忘れがちな、アゴからエラまでのUゾーンもきちんと保湿することが大切です。

汗腺の少ないアゴは、乾燥しやすい部位でもあるのです。

 

◇額

皮脂の分泌量が多く、整髪料や帽子などで大人ニキビができやすい部位が額です。

しかし、皮脂を落とそうとごしごし洗っては逆効果になります。

刺激の少ない洗顔料を使って、余分な皮脂を優しく取り除きましょう。

そして、寝具やタオルは清潔なものを使い、ニキビができる要因をなくすことが必要です。

また、ホルモンバランスを整えることも意識してみましょう。

入浴など、リラックスをすることで副交感神経が働きます。

そうして良質な睡眠をとることも、肌には大切です。

 

◇頬

顔の中でも乾燥しやすい部位が頬です。その理由は毛穴が少ないから。

乾燥するとバリア機能が低下し、外部の刺激を大きく受けます。

保湿はもちろんですが、フェイスラインや額のように髪の毛が触れるといった、外部刺激を受けやすい部分なので、髪をゴムでしばったり、ヘアピンでとめたりして刺激を受けにくくする対策をしましょう。

また、脂質や糖類の摂取量が多くなるとニキビができてしまう場合があります。

食生活にも気を付けてみましょう。

 

◇鼻

鼻は、顔の中では毛穴が最も多い部位です。

つまり、大人ニキビができやすい部分でもあるということです。

ニキビの原因菌であるアクネ菌が増殖することで、炎症を引き起こすことも多いです。

また、黒ニキビが目立つ「イチゴ鼻」にもなりやすいため、しっかり対策をしていきましょう。

毛穴に詰まった角栓を、無理に取り出そうとすると、かえって肌の負担になってしまいます。

雑菌の侵入を許すことにもなります。

物足りなく感じるもしれませんが、洗顔料をよく泡立てて優しく洗うことが一番です。

それから、お肉や揚げ物中心の食事は避けましょう。

脂質の多い食事は、皮脂の分泌量を増やします。

野菜・果物も積極的に、バランスよく摂ることが大切です。

しかし、生活習慣を見直してもニキビができてしまうことはあります。

赤ニキビにまで進行してしまうと、セルフケアでは治りにくくなってしまい、皮膚科を受診することになりかねません。

そうならないためにも、日頃からバランスの良い食生活や良質な睡眠、そして丁寧な洗顔やスキンケアを意識していきましょう。

この記事の関連商品

桜白(ブライトニングマイクロニードル) (8枚入)

詳しく見る

桜白エッセンス(薬用美白保湿液)

詳しく見る

美白マイクロニードルセット 桜美白

詳しく見る

ミルクジェル ブライトセラム (高濃度美容液)

詳しく見る

合わせて読みたい関連記事

pagetop